スッキリとしたフェイスラインとたるみ予防に

ジョールファット除去

「ジョールファット」とは?

ジョールファットは、笑った時に膨らむ口角周りの脂肪の部分です。
加齢や重力が原因で、ジョールファットがたるみ、口元のもたつき・マリオネットライン・ブルドッグ顔の原因となります。
ジョールファットを除去することでスッキリとしたフェイスラインになるだけでなく、たるみの予防にも効果があります。
同じく、小顔手術として「バッカルファット除去」がありますが、バッカルファットは頬の中央深部にある脂肪でジョールファットとは異なります。
バッカルファット除去やメーラーファット除去を同時に行うことで、より確実な小顔効果と共に、もたつきの無いスッキリとした輪郭になります。

ジョールファット

ジョールファット除去の特徴

ジョールファット除去は、余分な脂肪を吸引することにより、小顔効果はもちろんのこと。
口の周りのたるみや、マリオネットライン、ブルドッグ顔の予防にも期待できるといえます。
手術は口の中から行うため、傷口は外から見えません。

こんな方にオススメです!

タルミやマリオネットラインやブルドッグ顔を改善・予防し、小顔効果も期待できます。

さらに、治療後のたるみ防止にも効果的です。

マリオネットラインが目立ってきた

脂肪溶解注射では満足出来なかった

糸リフトでは満足出来なかった

下膨れ・口周りの膨らみを解消したい

口元のもたつきを解消したい

バッカルファット除去をしたが、もっと小顔になりたい

治療について

施術時間 60分〜(部位によって異なります)
メイク、入浴、シャワー等 シャワーは翌日より可。入浴は1週間後から可。
麻酔 全身麻酔
経過・来院など 抜糸は無し。 特に問題なければその後の来院は不要ですが気になる事があればいつでもご来院ください。
注意事項 ① 血腫・・・術後出血による血腫(血液の貯まり)ができることがあります。術後は局部の圧迫を行います。
② 感染・・・血腫ができた場合に皮膚切開部より細菌が入り、感染(膿瘍)となることがごく稀に(1%未満)あります。この場合、抗生物質の投与、創内部の洗浄など適切な処置が必要になります。
③ 神経損傷・・・術中の神経損傷により、局部の知覚障害(皮膚の痺れ感、違和感)を来たすことがありますが、多くの場合、症状は軽度で、1ヶ月程度で改善します。まれに知覚の回復に6-12ヶ月など長期を要することがあります。
④ 脂肪塞栓、血栓・・・ごく稀に(1%未満)脂肪や血液の塊が血管を通して、肺などの臓器の細い血管を詰めることがあります。この場合はその臓器に異常が生じることがあります。多くは可逆的なものです。その場合は適切な処置を行います。
⑤ 表面の凹凸・・・術後稀に凹凸が気になることがあります。通常は経過観察、マッサージなどで改善していきます。必要と希望があれば修正術を行うことがあります。
⑥ 傷跡・・・脂肪を採取する部位に小切開をおこないますが、切開部位や個人差により術後傷跡が目立つ事がありますが傷口は外からは見えません。

ジョールファット除去の施術費用

ジョールファット除去ジョールファット除去¥275,000
全身麻酔¥110,000

ご予約・ご相談カウンセリングは、無料です。どんな些細なことでもご相談ください。

無料カウンセリング予約 無料メール相談 他院修正相談
受付時間:11:00〜20:00/不定休 0120-169-263

© 2013 美容整形・美容外科【アテナクリニック】 All rights Reserved.