疾患特異的な因子を検出し、疾患の早期発見を行う検査です。

ミアテスト

人は体調を崩したり、病気になると遺伝子や細胞に何らかの異変が起こります。
しかしその異変は自覚症状がないことが多く、気が付いた時には「もっと早く気が付いていれば」「手遅れになってしまった」とつらく悲しい状況に陥ってしまう患者さんやご家族が数多くいらっしゃいます。

ミアテストとは

各臓器から出る疾患特異的な因子(マイクロRNAなど)を検出し、疾患の早期発見を行う検査です。
疾患にかかると、疾患の細胞から分泌される小さな顆粒にマイクロRNAが封入されます。
その疾患特有のマイクロRNAを検出し、数量の変化を測定することで「がん」や「アルツハイマー型認知症」などの疾患を早期に発見することができます。(マイクロRNAは早期から増加するので、がんの早期発見に有効ですが、数値の大小でステージを反映するものではありません。)

ミアテスト

ミアテストの特徴

ミアテストは、各臓器から出る疾患特異的な因子(マイクロRNAなど)を検出し、疾患の早期発見を行う検査です。
疾患にかかると、疾患の細胞から分泌される小さな顆粒にマイクロRNAが封入されます。
その疾患特有のマイクロRNAを検出し、数量の変化を測定することで「がん」や「アルツハイマー型認知症」などの疾患を早期に発見することができます。(マイクロRNAは早期から増加するので、がんの早期発見に有効ですが、数値の大小でステージを反映するものではありません。)

既存の検査との違い

採血のみの検査のため、既存の検査に比べて患者の負担が少ないというメリットのほか、画像検査等では確認できないグレイゾーンや「ステージ0」レベルでも疾患の可能性を発見することができます。
特にその力を発揮するのが、早期で発見すれば「治るがん」ともいわれている乳がんや、見つけにくく進行が早い膵臓がん。既存の早期発見の一歩先を行くことで、治療方法や薬剤の使用などにおいての幅が広がり、完治する確率が高まるのはもちろん、「アルツハイマー型認知症」のように発症してしまうと完治できない疾患においても、その進行を遅らせることができるのです。
また疾患のリスクが高い場合でも、免疫力増強や食事改善などにより、予防をすることができます。

ミアテスト ミアテスト

疾患リスクを知ると同時に、医師から食事や生活改善に関するアドバイスを続けていくことで、疾患の発症を防ぐことができます。
たとえすでに発症した後でも、既存の早期発見のさらに一歩先を行く「ステージ0」レベルの早期発見が可能。
重症化する前に発見することができれば、治療方法の選択肢が広がり、完治の可能性も格段に広がります。
検査を定期的に受けることで、病気の予兆を病気にしないままの状態で保ち、健康的に過ごせる「健康寿命」の延伸や医療費抑制にも繋がるのです。

ミアテスト

ミアテストの検査項目一覧

ミアテスト(単独検査)
乳がん・膵臓がん・アルツハイマー型認知症


ミアテストプラチナ(※ミアテストプラチナは3項目以上よりの受付となります)
肺がん・食道がん・胃がん・大腸がん・頭頸部(舌)がん・肝臓がん・膵臓がん・腎臓がん・甲状腺がん・脳腫瘍・胆のうがん・前立腺がん(男性のみ)・乳がん・子宮頸がん(女性のみ)・卵巣がん(女性のみ)・アルツハイマー型認知症

ご予約・ご相談カウンセリングは、無料です。どんな些細なことでもご相談ください。

無料カウンセリング予約 無料メール相談 他院修正相談
受付時間:11:00〜20:00/不定休 0120-169-263

© 2013 美容整形・美容外科【アテナクリニック】 All rights Reserved.