眠たそうに見られる目をぱっちり大きな目に!

眼瞼下垂(目つき矯正)

目を開ける力(眼瞼挙筋)が弱いと目を開けたときに黒目がはっきりと露出しないため目が小さく見える原因となります。
また、眠たそうに見られたり、目つきが悪い印象を持たれる場合も。
そのため、最近では眼瞼下垂術が「目つき矯正」と言われることも。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。
先天的原因と後天的原因の二通りありますが、まぶたの開きが悪いと、目はほかの筋肉を使ってまぶたを持ち上げようとします。
眼瞼下垂が進むと、額の前頭筋を使って目の開きを助けようとするため、額にしわができるようになります。また、頭痛を伴うようなこともあり体調状態にも影響が生じることも。
眼瞼下垂の原因にはさまざまありますが、加齢、ハードコンタクトレンズの脱着でまぶたを強く引っ張る、まぶたを強くこするなどの習慣で、症状が進むとされています。

眼瞼下垂の主な症状

眼瞼下垂の主な症状

まぶたの脂肪が多く、腫れぼったい場合には必要に応じて脂肪やROOFを取り除きます。

切らない眼瞼下垂手術

以前は切開による眼瞼下垂手術が主流でしたが、プチ整形の人気とともに切りたくないという方が増えています。そこで、切らない瞼の裏側(結膜側)から見える挙筋を上げる方法が出現しましたが、下垂手術と同時に幅広二重を希望される方には不自然になり、また結膜刺激が強いという欠点がありました。

「上げる」最適ポイントを人それぞれにあわせれるように患者様に応じて調整が可能ですので、見えにくいというだけでなく、上記症状または二重がきれいにならないといった悩みをお持ちの方は是非一度ご相談下さい。

眼瞼下垂(挙筋短縮)

手術は拳筋を一部切除・再縫合し、タルミのある方は同時にタルミ取り手術が施工でき、術後は劇的にパッチリとした目になります。

治療について

施術時間 約60分
メイク、入浴、シャワー等 洗顔:翌日より傷口を濡らさないようにして可。
メイク:傷以外は当日より可。アイメイクは抜糸後から可。
シャワー・洗髪:顔を濡らさなければ当日より可。翌日は通常通り可
入浴:4日後から可
麻酔 局所麻酔のみ。当院では静脈麻酔・マスク麻酔などを追加して術中の痛みを和らげる努力を行っております。
経過・来院など 抜糸は5日~約1週間後。来院は抜糸時のみ。
その他、希望時、必要時はいつでもご来院ください。個人差はありますが、腫れや内出血が出る可能性があります。
注意事項 状態により眼瞼下垂とは別の手術をお勧めする場合もありますが患者様のご希望を先ずは尊重いたします。

眼瞼下垂の施術費用

眼瞼下垂眼瞼下垂¥600,000
切らない眼瞼下垂¥300,000

ご予約・ご相談カウンセリングは、無料です。どんな些細なことでもご相談ください。

無料カウンセリング予約 無料メール相談 他院修正相談
受付時間:11:00〜20:00/不定休 0120-169-263

© 2013 美容整形・美容外科【アテナクリニック】 All rights Reserved.